美味しいおこげが作れる!黒の炊き込みご飯

腸活・免疫力アップ

腎臓を癒すと言われる黒い食材(ひじき、椎茸、黒ごま)を使った炊き込みご飯です。
免疫力アップや腸活ごはんとしておすすめです。

材料と作り方(2人分)

【材料】
・無洗米:2 合(300g)
・乾燥ひじき:5g※水戻し後は50g
・生姜:10g
・人参:50g
・椎茸:50g
・黒ごま(すりごま):10g

A.炊き込みご飯のつゆ
・料理の基本つゆ(おとな食堂®):大4(72g)
・粗糖:小2(6g)
・料理酒:大1(15g)
・水:1.5カップ(300ml)

【作り方】
手順①
乾燥ひじきを水で戻して(20分間)、ザルに移して流水でしっかりと洗い、水気を切る。生姜を千切りにする。
人参と椎茸は粗みじん切りにする。

手順②
炊飯器に無洗米と①を入れ、Aと黒ごまを加えてよく混ぜて炊く。
炊きあがったら15分ほど蒸らす。

黒の炊き込みごはんの主な栄養

【ひじき】
水溶性食物繊維→血糖値抑制、免疫力アップ
【生姜】
ショウガオール(加熱時)→免疫力アップ
【人参】
βカロテン→抗酸化作用
【椎茸】
ビタミンD→ビタミンD βグルカン→ガン予防
【黒ごま】
セサミン→肝機能強化
カルシウム→骨形成
鉄分→造血
亜鉛→体内のバランス調整

ブログ筆者/川上晶也

ブログ筆者/川上晶也

大阪の料理研究家。健康料理家。料理研究所『おとな食堂®』代表。著書『川上晶也のコロナに負けない健康レシピ手帖』(徳間書店)他、全10タイトル。

関連記事

新着記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP